CAPSULE医療機器情報プラットフォームバージョン2020-1のご紹介

最新のCapsule医療機器情報プラットフォーム(MDIP)リリース2020-1にアップグレードすると、これまで以上に複雑な作業をシンプルに、シンプルな作業から示唆に富んだ情報を得ることができるようになります。

1つのプラットフォーム。3つの重要ソリューション。数えきれないメリット。

icon

医療機器統合

Capsuleの医療機器統合により、接続した医療機器または臨床システムからの波形などのデータを統合します。信頼性の高いスマート統合により、利用可能なデータをコンテキスト化し、可視性が高く実行可能かつ予測可能な知見へと変換します。患者のアウトカムおよび業務成果の向上、研究の拡大、プロトコールの改善、リソースの合理化を実現し、適切なタイミングで適切なケアを正確に提供できるように、データの可能性を解放します。

詳細はこちら

icon

患者モニタリング

Capsuleの患者モニタリング機器により、連続したケア提供を通して切れ目なくデータ主導型の知見を得られるようになります。Capsule Vitals Plusを使用すると、医師は電子カルテにデータを入力する時間を減らし、患者に接する時間を増やせるようになります。カルテ作成エラーの減少、タイムリーなカルテ作成、修飾およびカスタムフィールドの追加などにより、患者ケアが向上します。既存の抽出検査モニターに追加すると、何時間もかかるカルテ記入時間がCapsule’s Chart Xpressによってたった数秒に短縮されます。

詳細はこちら

icon

CAPSULE監視

リアルタイムの臨床サーベイランスソリューションによって、医療チームは患者の状態についてコンテキスト化された情報を得られるため、早期インターベンションが可能になり、患者の安全が向上し、臨床アウトカムが向上します。当社では、医師が適切な情報を得て迅速に判断できるように、患者の状態と推移の可視性の向上、状況認識の強化、実行可能な知見の提供などを支援します。医師はカスタマイズされたプロトコールを使用して、予測分析や一目でわかるダッシュボードに基づいて、タイムリーな評価を行い、対応できます。

詳細はこちら

Capsule医療機器情報プラットフォーム

当社では、健康データの可能性の最大活用を支援します。MDIPは適切な情報に基づくタイムリーな判断を支援するために、データの正確な取得および提供をリアルタイムに行い、可視性を向上し、患者についての知識を増加し、知見を提供します。リアルタイムデータへのアクセスが容易になることで、医療チームメンバー間のコミュニケーションおよびコラボレーションが向上し、ワークフローが簡素化および標準化され、医療提供者が患者に接する時間が増えます。当社のプラットフォームは柔軟性が高く、卓越した臨床エクスペリエンスと標準治療を維持しながら、現在および将来のニーズに合わせて成長可能です。

当社の医療機器情報プラットフォームは、3つのソリューションで構成され、すべてが一緒にシームレスに機能します。

  1. 医療機器統合
  2. 臨床サーベイランス
  3. 患者モニタリング

これらのソリューションを組み合わせることにより、臨床および業務の成果を向上するために、医療機器データの価値を最大化できます。Capsuleは、すべての医療機器データの真の可能性を実現するパートナーです。

Capsule医療機器情報プラットフォームのパンフレットをダウンロード

ダウンロード