charting vital signs

患者を直接治療する時間の増加

  • 医療現場でデータの確認と検証を行えるので、効率性がさらに向上
  • 臨床ワークフローを簡素化しながら、カルテ作成時間を大幅に短縮
  • あらゆる臨床ワークフローに合わせて構成可能
charting vital signs

データをより正確かつタイムリーに

  • 医師がベッドサイドを離れる前にバイタルサインを取得し文書化
  • オプションの早期警告スコアシステムにより迅速なインターベンションが可能
  • 人手によるカルテ作成に伴うミスをなくし、正確度を向上
charting vital signs

効率的に省コストを実現

  • すべてのスポットチェックモニターの接続性と文書化機能を向上
  • 既存のCapsuleインフラおよびリモート管理ツールを活用
  • Upgradable to Vitals Plus patient monitoring using our modular design
charting vital signs

Capsule Chart Xpressが、高い費用対効果でワークフロー効率をどのように向上させ、医療現場でのインテリジェンスを向上させるのかについて説明します。

ダウンロード