コンテキスト化したデータを複数のダウンストリームシステムに提供

カスタマイズ可能なアプリケーションを使用することで、お使いの医療機器のデータを制御し、コンテキスト化することができます。Capsule Advanced Integrationでは、各ダウンストリームシステムの要件に合わせて、周波数や形式によってデータ(波長を含む)をカスタマイズできます。

スマートアラームシステム、研究データベース、リモートモニタリング、臨床研究などをサポートしているかどうかに関わらず、Capsuleのソリューションは重要データの可視性と適時性を向上し、より意味のある警告の作成を支援します。Capsule Advanced Integrationソリューションでは、次のことができます。

icon

電子カルテ外のデータもカスタマイズ

  • 精密医療および判断支援システム、研究データベース、アラーム管理、リモートモニタリングなどの複数のダウンストリームシステムに、カスタマイズしたデータを提供
  • 各受信システムで必要な周波数でデータを統合
  • 適切なシステムに適切なタイミングで適切なデータを送信
icon

意味のある警告をコンテキスト化

  • アラーム管理システムにインテリジェントデータを提供
  • アラーム疲労の軽減を支援
  • ワークフローツールに情報提供
  • タイムリーでデータ主導型のインターベンションにおいてスタッフを支援
icon

継続的に波長を伝送

  • 受信システムが高い信頼性で適切に波長を再構成できるように、各機器の波長データ出力を正規化
  • 可能な限り最大の解像度と周波数でデータを伝送
icon

研究者がより適切な結論に到達できるように支援

  • 精密医療モデルの情報を通知するためのインテリジェントデータを研究チームに提供し、プロトコルを改善、病院の評価を向上