サインイン コンタクト
デモのご依頼について
2016 年 1 月 11 日
dragermedibus_5.0.1

DragerMedibus 5.0.13 JANUARY 11, 2016

デバイスメーカー

ドレーガー

サポートされているデバイス

Ventilators for Respiratory Care/Anesthesia Delivery

• Apollo
• ベイビーログ VN500
• ベイビーログ 8000 (SC)
• Babylog 8000 (SC) スレーブモニター付き
• ベイビーログ8000plus
• スレーブモニター付き Babylog 8000plus
• カリーナ
•カトー
•シセロB
• シセロC
• シセロEM
•エビータ
• エビータ インフィニティ V500
• エビータ V300
•エビータXL
• エビータ 2
• エビータ 2 デュラ
• エビータ 4
• ファビウスCE
• ファビウスGS
• ファビウス GS プレミアム
• Fabius MRI (Tiro)
• Fabius OS (Tiro)
• ファビウスプラス
• ファビウスプラスXL
• ファビウス・ティロ
• ジュリアン
・Medibus.X対応機器
• オキシログ 3000 プラス
• パラス
• ペルセウス A500
• フィジオフレックス
• プリムス
• サヴィナ
• Savina 300 (Medibus.X compatible device)
•SA2
• スラ
• タイタス
• トラヤヌス帝
• ゼウス

Incubator/Warmer

• ベビーサーム 8004
• ベビーサーム 8010
• カレオ
• インキュベータ 8000 (IC/SC/NC)

スタンドアロン患者監視システム

• カプノサット
• 脳波検査
• PM 8030
• PM 8040
• PM8050
• PM8060
•バモス
• ビターラ

リリースの説明

Added a variable to compute the I:E ratio for the Apollo ventilator. Updated device configuration information in Help File. Maintenance, see below.

このリリースで対処されるケース

•  C#32201: Added note in Help File about differences in data displayed on device versus what is outputted by the device for Evita XL
• C#34225: Added device configuration information in Help File for Babylog 8000 Plus
• C#35409: Added multiset variables to Babylog VN500, Evita Infinity V500, Zeus, Evita V300 and Medibus.X compatible devices
• C#35903: Added I:E ratio variable for Apollo device
• C#41670: Updated Description for Ventilation Mode (variable 584) in Help File
• C#41751: Updated information on Standby Mode for Evita Infinity V500 and Babylog VN500 in Help File
• C#42107: Added Standby Mode (variable 2754)
• C#42944: Improved robustness of text messages processing to avoid Exceptions.
• TFS#19932: Added a new multiset for RSB and TVSPONT export with all the values even if received in different blocks
• TFS#19701: Corrected an issue for Perseus A500 that prevented waveforms from being exported when the device recovered from standby mode
• TFS#28343: Added support for SpO2 Pulse Amplitude (variable 25) for Vamos device
• TFS#28448: Removed 10 variables from the Vamos, since they are not outputted by the device
• TFS#29682: Added Known Issue for Vamos device that variables 1197, 3878, 8366, and 8696 may not be outputted depending on the software version of the device


戻る