サインイン コンタクト
デモのご依頼について
2023 年 1 月 4 日

カーディナルA 5.3.1

対応アプリケーション

Capsule™ バイタルストリーム

デバイスメーカー

ケアフュージョン

サポートされているデバイス

人工呼吸器

  • LTVシリーズ1000
  • LTVシリーズ 1150
  • LTVシリーズ1200
  • LTV シリーズ 1200 MRI
  • LTVシリーズ800
  • LTVシリーズ900
  • LTVシリーズ950

リリースの説明

  • アクティブな換気モードを適切にエクスポートするために、変数 584 (換気モード) を追加しました。
  • プロトコル リビジョン J およびファームウェア バージョン 5.10 のサポートが追加されました。
  • I:E 比変数を追加しました。
  • 検証された新しい絶縁ケーブル。
  • LTV シリーズ 1200 MRI のデバイス エントリを追加しました。
  • 3 つの従来の波形変数を CDS 変数に置き換え、ヘルプ ファイルに波形出力セクションを追加しました。
  • サポートされているファームウェアのバージョンをヘルプ ファイルに修正しました。
  • LTV シリーズ 800、LTV シリーズ 900、LTV シリーズ 950、および LTV シリーズ 1000 デバイスではこれらの変数がサポートされていないため、それらのデバイスから PEEP 変数を削除しました。
  • 一部の変数の単位コードを修正しました。
  • 4 つの変数に重要でないフラグを追加しました。このフラグは、いくつかの特定の値に関連付けられています (詳細については、ヘルプ ファイルを参照してください)。
  • DeviceTime 属性を変数 2255 (デバイス日付/時刻) と波形変数に追加しました。
  • 変数 5926 (ビジュアル ステータス フラグ 1) および 5927 (ビジュアル ステータス フラグ 2) を削除しました。
  • MeasurementTime 属性を波形変数に追加しました。
  • アラームの統合を容易にするために変数の詳細な説明にアラームの繰り返しセクションを追加し、一般的なアラーム変数に関する追加情報を追加しました。

このリリースで対処されるケース

  • C72797 – Cardinal Health LTV 1200 変数 4129 の解釈に助けが必要です
  • C76372 – Carefusion LTV MRI ベントは実現可能ですか?
  • C79648 – LTV1200 との Axon 接続
  • C83927 – LTV シリーズ 1200 波形 DDI 出力
  • C98384 – LTV 1000 ファームウェアの質問
  • C100172 – LTV 1200
  • C105102 – LTV 1200 には CardinalA 5.3.1 が必要
  • C15506 – Inova – LTV1200 – 非送信モード、モードに関係なくすべてのパラメーターを送信
  • C52655 – CardinalA DDI にはベント モード変数が必要です
  • C57497 – LTV-1200 変数 9113
  • C57498 – LTV1200 には通気モードが必要です CardinalA DDI が壊れています
  • C32009 – CardinalA ドライバーのドキュメント

戻る